サイトマップ

TOP » 転職アドバイス » 高給与の職場へ転職したい

高給与の職場へ転職したい

看護師は責任の重い医療従事者ということもあって比較的給料が高いということが知られています。
その高給料ということに注目して看護師の道を選んだ人にはより稼ぐためのアドバイスがあります。

病院勤務の看護師が一般的な仕事をしている人に比べて年収が高いのは若いうちであり、 平均年収を見ると年齢を増すごとに他の職種に追いやられてしまう傾向があります。
これは夜勤などの手当が初期からある一方で、昇進による昇給がほとんどないことによります。
したがって、晩年まで高給料が欲しいと思ったら漫然と常勤勤務していてはならないのです。

そのアプローチとして夜勤専従など、人があまり働きたがらない時間の仕事を担う方法があります。
ニーズが高くて担う人が少ない分、給料が高く設定されているからです。

さらに、稼ぎたいなら常勤であることを諦めるのも手です。 派遣の仕事が数多く見つけられ、時給や日給が高いのも看護師のメリットです。
夜勤の仕事や健康診断等の短期間の高給与案件を組み合わせると、常勤よりも高収入を得ることも可能なのです。

年収500万円以上は欲しい

看護師は全国的に不足している状況にあります。
そのため、看護師が集まらない病院などでは、待遇面を厚くすることによって人材を集めようとしているところもあり、 高い年収の職場を探すのはそれほど難しくはありません。

しかし、一般の病院では年収500万以上となるとある程度の経験が必要になります。
即戦力で働けることは当然として、 若いスタッフに指導やアドバイスを行うリーダー的な役割を果たすレベルの仕事が出来ないと難しいでしょう。

また、夜勤を行うことで夜勤手当を取得することも必要です。
最近では美容に対する人々の関心が高まってきているので、美容外科や美容皮膚科などが増加している傾向にあります。
これらの病院では、保険診療よりも自由診療による治療が大きいため、多くの利益を上げることが出来ます。
そのため、職員に対する待遇も良く、夜勤がなくても年収500万以上を稼ぐことも可能です。

他にも応援ナースとして離島や沖縄、北海道などで看護を行う仕事も高い給料が期待できます。