サイトマップ

TOP » 転職アドバイス » 転職回数が多い看護師へ

転職回数が多い看護師へ

看護師資格は取ったものの、すぐに看護系の仕事に就かずに過ごしてしまい、看護師として働いた経験がないという人もいます。
それで就職先を探す場合には経験がある転職者に比べると不利になってしまうことは仕方のないことでしょう。

しかし、看護師資格を持っていることで就職先を見つけたいと思う人に道は開かれています。
そういった経験のない人に役立ちうるアドバイスとして、王道を避けるというものがあります。常勤の日勤を中心とした病院やクリニックへの勤務では競争があったら仕事がとれない可能性が高いでしょう。
しかし、夜勤専従となったり、土日勤務を基本としたものになると経験がなくても採用してもらえることが多々あります。

一方、高齢化社会になったことにともなって需要が高まってきている介護職においても看護師のニーズは高く、経験がなくても希望すればかなり高い確率で採用してもらうことが可能です。
一方、派遣として働いて経験を積み、常勤を目指すという方法もあります。選択肢は広く開かれているのです。

新規施設で働きたい人へ

医療や健康、介護の需要が高まっている今日では新しい施設が次々に造られてきています。
そういった社会的環境にあることから新規施設で働きたいという看護師もいて、そういった場所を探して転職しようと考えています。

新しい施設はきれいで設備も整っており、労働環境もよいと考えられるのが魅力的な部分です。

そういった新規施設を希望する看護師へのアドバイスとして、リーダーシップを発揮する心構えを持っていた方がよいということが挙げられます。
昔からある施設ではルーチンとして行われていたことが、新しい施設ではルーチンとして確立されておらず、人が揃って施設が稼働し始めてはじめてルーチンができてきます。マニュアルに体系化されていたとしてもそれが想定した通りにならないこともしばしばあり、柔軟に対応してそれをルーチン化していくことが必要になるのです。

その際に現場で発言する人間がいなければ進展は見られません。そういうときに声を上げてリーダーシップを発揮できる能力があると活躍できる看護師になれます。