サイトマップ

TOP » 看護師求人とハローワーク » 看護師の良質求人は看護師サイトに?

看護師の良質求人は看護師サイトに?

看護師に限らず医療関係の募集や求人は色々なところで見かけます。
一番身近なのはハローワークでの募集ではないでしょうか?

ハローワークは多種多様な求人を扱っており、看護師や准看護師の募集もある地域も多いでしょう。
しかしハローワーク経由の募集には色々注意しておきたい点も。

まず高待遇や急募関係の募集はハローワークにには集まりません。

都内に限らず最近では地方でも「限定公開」して募集に制限をかける施設が増えています。
高待遇の募集や人気施設は「誰でも見れるようにする」と、一瞬で多数の応募があり書類選考から採用まで多くの時間を必要としますし、ライバルや関係者に見られたくない高待遇での募集がしにくいこともあり、この数年で「募集や応募は看護師求人サイトにでおまず行う」という文化が根付いてきました。
つまり・・・まずは転職に前向きな看護師だけが登録している看護師求人サイトで非公開求人として募集をかけて、もしその段階で埋まらなければ転職サイトで一般公開し、それでもダメな場合はハローワークで募集をかけるという流れに。

1-3.gif

ハローワークでの募集は最後にかかる。ブラック注意!

こう考えるとハローワークに集まる情報は一番古い、高待遇のものが少ないというデメリットや、職場の雰囲気や風土、離職率など「働くにあたり、ユーザーが本当は知りたい情報」は得られないため、利用する看護師は少なくなってきています。
ただし地方であればこのような仕組みを知らない看護師も多いのは現実です。

ナースバンクやハロワなど募集情報がチェックできる媒体はたしかに全国に多数あります。
しかし募集先の風土や離職率、どんな職務内容か?まで詳しく把握は出来ません。
その点、看護師求人サイトはそのような情報が働く前に事前にわかるから人気なのです。
無料でここまで使えるですから、使わない手はありません。


看護師転職サイトの勘違い

看護師転職サイト(求人サイト)と聞くと、大きな勘違いをしている人がいます。

転職をしようとしている看護師しか使えない。
登録して情報収集だけするのはNG。
あまり細かい情報は得られない

など。全てウソです。

看護師求人サイトは看護師資格や、保健師、助産師であれば無料で使えますし、転職するしないは個人の自由です。
希望地域で希望する条件にマッチした施設や募集があると、提案はしてくれますが気に入らなければどんどん断っても大丈夫ですし、「どこか良いところがあれば考えてもいいかな」という気持ちでも看護師求人サイトは利用できます。

第二新卒という言葉が広まってからというものの、仕事に就いた人もおよそ三年目になると転職を一度は考えるようになってきました。これは看護師においても同じ状況があり、第二新卒としてはじめて考える人もしばしばいます。
しかし、それを希望する人がまず立ち止まって考慮すべきなのはなぜ転職するのかということです。
世の中の流れにしたがって、特に不満もなく目標もないのに職を変えるのは手間がかかってしまうだけになるからです。

職場や仕事内容への不満があったり、より憧れている看護師職があるのであればそれを動機としてはじめての転職を行うと良いでしょう。
しかし、なんとなくであったり、友人達も職を変えているからという理由で変えてしまうのは苦労の割に何も得られない可能性すらあるので注意が必要です。

不満が募っているときには職種を大きくかえることが気分も一新できてよいでしょう。病院勤務なら介護に携わってみたり、企業に勤めていたならクリニックに仕事を探してみたりすると環境も大きく変わって意欲が出てくる可能性がたかまります。